水冷装置 取り付け

水冷装置 取り付け

機器取付

部品表

m8×15六角穴付ボルト
M8 Tナット
M5 Tナット
 

m8×15六角穴付ボルト
M8 Tナット
M5 Tナット
 

m8×15六角穴付ボルト
M8 Tナット
M5 Tナット

 

m8×15六角穴付ボルト
M8 Tナット
M5 Tナット
 

m8×15六角穴付ボルト
M8 Tナット
M5 Tナット
 

m8×15六角穴付ボルト
部品 数量
水冷ポンプ 1
ラジエーター用DCファン 2
ラジエーター 1
radiator mount アルミ加工品 1
pump plate アルミ加工品 1
ポンプホルダー 樹脂製 2
ホース接続継手 4
アース線 long 1
M5×6 低頭ボルト 4
M5x8 六角穴付ボルト 2
M5ワッシャー 1
M5 後入ナット 1
M3×28 六角穴付ボルト 8
M3×12 六角穴付ボルト 2
M3×6 六角穴付ボルト 8
アース線PCB こちらは2018年2月22日以降の出荷からの仕様変更になります。 1
歯付座金 1

 

 

水冷ポンプ取付

水冷ポンプにホース接続継手を取り付けます。
ホース接続接手部品写真
スパナでしっかり固定してください
※固定が緩いと冷却水を入れた際に、漏れ出します。
ホース接続接手取り付け中
M3x12 六角穴付ボルトでpump plateにポンプホルダーを取り付けます。
ポンプ固定具組立
ポンプ固定具組立完了
前工程で組み立てたポンプホルダーに、水冷ポンプを取り付けます。
水冷ポンプ組立
赤丸箇所にM5後入ナット2つを入れます。
水冷ポンプ本体の取り付け位置
pump plateをM5x8六角穴付ボルト2つで取り付けます。
水冷ポンプ本体の取り付け写真
※なお、水冷ポンプの箱に入っている他の部品は本製品組立には必要ありません。

ラジエーター取付

ラジエーターにホース接続継手を取り付けます。
ラジエータにホース接続継手取り付け
M3×28 六角穴付ボルトを使って、ラジエーターにラジエーター用DCファンを2つ取り付けます。
ファン2つ取り付け
ラジエーターの、ラジエーター用DCファンを取り付けた面とは反対側に、M3×6 六角穴付ボルトを使ってradiator mountを取り付けます。
ラジエーター裏面
写真の向きで本体にラジエーターを取り付けます。M5×6 低頭ボルトを使用します。
ラジエータ本体取り付け

※アース線取付

写真を参考にアルミフレームにM5後入ナットを入れます。
アース線取り付け準備
M5後入ナット・歯付座金・ワッシャー・アース線・M5x8六角穴付ボルトの順で取り付けてください。
アース線取り付け準備
M5x8 六角穴付ボルトにM5ワッシャー・歯付座金を通して取り付けます。
取り付けるアース線はラジエーター用DCファンとコントロール基板からの2種類を取り付けます。
※歯付座金がアルミフレームと接するようにしてください。
※こちらは2018年2月22日以降の出荷からの仕様変更になります。
アース線取り付け準備
基板裏面の削り部分にアース線PCBとコントロール基板が接地するように取り付けます。
アース線取り付け準備
アルミフレームに取り付けたアース線PCBをコントロール基板に取り付けます。
こちらは2018年2月22日以降の出荷からの仕様変更になります。
基板アース線取り付け完了

アルミフレームに片側を取り付けたアース線PCBをコントロール基板に取り付けます。
取付位置は写真内右上の六角スペーサーとコントロール基板の間に通して固定します。
こちらは2018年2月22日以降の出荷からの仕様変更になります。
基板アース線取り付け完了

下記写真では基板表面側についており、アース線PCBとコントロール基板が導通しませんので注意してください。
基板アース線取り付け完了

アルミフレームに片側を取り付けたアース線longをラジエータのM3x28 六角穴付ボルトに通して固定します。
ラジエーターアース線取り付け完了

Top