X軸 モーター・アイドラーユニット組み立て

X軸 モーターユニット組み立て

部品表

ステッピングモーター
部品 詳細 数量
ステッピングモーター NEMA17 1
motor mount plate x-axis アクリル 1
タイミングプーリー GT2 20歯 穴径:5mm 1
M3ワッシャー ステンレス製 4
M3×8 六角穴付ボルト ステンレス製 4

写真の向きにmotor mount plate x-axisをステッピングモーターに取り付けます。
M3×8 六角穴付ボルトとアクリルの間にM3ワッシャーが入るようにしてください。
motor mount plate x-axis取り付け向き

同様に4箇所をねじ止めしてください。
4箇所ネジ止め

X軸 アイドラーユニット組み立て

部品表

idler pulley plate
部品 詳細 数量
idler pulley plate アクリル 1
smooth idler pulley プラスチック 1
ベアリング 625-2RS 2
M5ワッシャー ステンレス製 1
3.5mm スペーサー φ8mm 穴径:5.2mm 2
M5ナイロンナット 緩み止めナット 1
M5×30 六角穴付ボルト ステンレス製 1

アイドラーユニット組立

こちらが取り付け順番となります。
取り付け部品順

smooth idler pulleyの片側にベアリング625-2RSを挿入します。特に向きは御座いません。
ベアリング挿入

ベアリング625-2RSを挿入した側に頭が来るようにM5×30 六角穴付ボルトを挿入します。
M5×30 六角穴付ボルト挿入

3.5mm スペーサーを挿入します。このスペーサーが2個のベアリングの干渉を防ぎます。
3.5mmスペーサー挿入

ベアリング625-2RSを挿入します。
ベアリング挿入

smooth idler pulleyの組み立てが完了です。
smooth idler pulley完成

すべて通します。アクリルとsmooth idler pulleyの間に3.5mm スペーサーを入れるのを忘れないでください。
間に3.5mmスペーサー

六角レンチとスパナで締めてください。
アイドラーユニットの完成です。このアイドラーユニットは残り2個も同じプレート(アクリル)、同じ組立手順となります。
六角レンチとスパナ

ステッピングモーターのシャフトにタイミングプーリーを通します。後の工程で位置を調整しますので締める必要は御座いません。※取り付ける前に、タイミングプーリーのイモネジを緩めてから取り付けてください。
タイミングプーリー通す

Top