(D)コントロールエリア

ここでは加工準備や加工操作を行うツールについて説明します。

SmartScreen

原点復帰

加工機・ソフトウェアを起動した直後は必ず原点復帰を行います。 この操作により、加工機が座標を認識することができます。

SmartScreen

テスト操作

導通テスト

素材の導通チェックに使用できます。ジョグコマンドでトーチと素材を軽く接地し、このボタンをONにすると24Vの微小電流が流れます。 この状態でステータスエリアの「導通」がONになれば導通しています。

エアー噴射

コンプレッサーの動作チェック等に使用できます。このボタンをONにするとエアー噴射コマンドが実行されます。

プローブ

導通信号による素材の表面検出テストを行います。この動作の正しい挙動は下記の通りです。

  1. トーチがプローブ高さまで移動します。
  2. トーチがプローブ速度で素材に近づいていきます。
  3. トーチ先端と素材が接するとステータスエリアの「導通」がONになります。
  4. トーチがピアス高さまで上昇します。

下記のような挙動では設定等を見直してください。

プローブ高さに移動するまでに素材に当たってしまう

トーチ先端と素材が速い速度で衝突すると、トーチの先端部品に悪影響を与える可能性があります。 プローブ高さの設定値を調節し、プローブ速度で素材に当たるようにしてください。

「導通」ステータスではなく「トーチ過圧」ステータスがONになる

導通されていない可能性があります。導通チェックを行ってください。

プローブ開始直後に停止する

トーチ先端に水滴が付着している可能性があります。 「エアー噴射」ボタンを押して先端の水滴を飛ばしてください。

SmartScreen

ジョグ

加工軸を任意の位置に動かすことができます。 加工位置を設定する際などに使用します。

軸の移動

  • ◀︎ ▶︎ ボタン : X軸を動かします。
  • ▲ ▼ ボタン : Y軸を動かします。
  • ↑ ↓ ボタン : Z軸を動かします。

キーボードからも操作を行うことが可能です。

  • 矢印キー: XY軸を動かします。
  • PageUp / PageDown: Z軸を動かします。※Fnキーを押しながら上または下矢印キーを押します。

速度の調整

  • 速度スライダー: 動作速度を調整します。

また、キーボードのShiftボタンで高速モード、Altボタンで低速モードになります。

加工位置

加工位置の設定や確認の際に使用します。

  • 原点設定: 現在のトーチの位置を基準に加工原点を設定します。加工ファイルが読み込まれている状態で設定すると、グラフィックエリアの加工データの位置も反映されます。
  • X原点設定: X軸のみ原点設定を行います。
  • Y原点設定: Y軸のみ原点設定を行います。
  • 範囲確認: 加工オブジェクトの外形をトーチが移動します。
  • 加工原点: 加工原点の位置にトーチを移動します。

SmartScreen

加工設定

加工に関する設定を行います。加工を行う場合は「トーチ有効」をオンにしてください。

トーチ有効

トーチの有効・無効を設定します。無効の場合は加工動作時にプラズマを発生させません。 安全のためデフォルトでは「オフ」の状態になっています。

アーク状態を無視

この機能は主に「加工失敗時の再加工」などで使用します。 一度切断したラインをもう一度切断する場合、通常ではアーク検出が行われずに加工が中断されます。 この機能をオンにすると、アーク検出の状態にかかわらず加工が進みます。

パラメータ

現在設定されている切断パラメータを表示しています。「パラメータ設定」ボタンをクリックするとパラメータ設定ウィンドウが表示されます。

SmartScreen

加工操作

  • スタート: 加工を開始します。
  • 中断/再開: 加工を一時停止/再開します。中断状態では「再開」ボタンに変わります。
  • 停止: 加工をキャンセルします。