CAMエディタ

ここでは Lead In/Out Editor について説明します。

SVGやDXFデータを読み込むとこのエディタが起動します。

SmartScreen

全体設定

カッター補正

カーフ幅を考慮した自動補正のオン/オフを切り替えます。 この設定がオンの場合、加工時にSmartPlasma上で設定されたカーフ幅パラメータに基づいて自動でパスの補正が行われます。 この自動補正機能は万能ではなく、細かいパスが存在する場合はエラーとなり加工を行うことができません。 補正方向(パスの内側・外側)は下記のリード位置に基づいて決定されます。

リード位置

リード開始・終了位置の内側/外側を選択します。 素材のスクラップ部分(不要部分)にリードパスがくるように設定してください。

リードイン/リードアウト

リードのスタイル及び長さを設定します。厚い素材ほどリードを長く確保することをお勧めします。

個別設定

グラフィックエリアのパスをクリックすると、個別に上記の設定を行うことができます。

データ出力

Exportボタンをクリックすると、SmartPlasmaに加工データが読み込まれます。