誰もがより自由に「アイディアをカタチに」出来る世界を目指すsmartDIYsのブログ。
レーザー加工機を中心としたDIYに関する情報を発信していきます。

レーザーカッターで特殊フォントを使用した文字の切り抜きの画像

レーザーカッターで特殊フォントを使用した文字の切り抜き

技術Tips
このエントリーをはてなブックマークに追加

皆様こんにちは。

山梨の連休の天気は、予報では晴れて良い行楽日和になりそうです。予定は既に決まっておりますでしょうか?

 

ステンシルフォントとは?レーザーカッターへの活用

今回は、レーザー加工機にも活用できる特殊フォントのステンシルフォントを紹介します。ステンシルフォントは、主に軍用などに使用されるワイルドな文字ですが、その特徴は文字の部分部分に間があることです。

以下の画像のように文字がくっついておらず離れているので、例えばレーザーカッターで数字の6を切り抜くときに下部分が丸く切り取られるわけではなく、いくつかに分かれて切り取られます。

ステンシルフォント

 

ステンシルフォントは様々な種類がありますが、今回ひらがなやカタカナ用を含む3種類のステンシルフォントを使用して紙を切り抜いてみました。フォント活用のご参考にしていただけたら幸いです。

 

50 Blizzards

アルファベットと数字が使える文字の切れ目がわかりやすいステンシルフォントです。

ステンシルフォントの50 Blizzards

 

フォントポにほんご

ひらがな・カタカナに対応しており、素朴な印象を与えるステンシルフォントです。

ステンシルフォントのフォントポにほんご

 

オリエンタル

カタカナ用のステンシルフォントで、細い部分がありやや無機質な印象を与えます。

ステンシルフォントのオリエンタル

 

いかがでしょうか。文字の切り抜きをする際に役に立つフォントはたくさんあります。

今回紹介したステンシルフォントは、多くがフリーで公開されています。もし、興味がありましたら色々と検索してみて探してみてはいかがでしょうか。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加