レーザー加工にあると便利な小道具

お役立ち情報
このエントリーをはてなブックマークに追加

皆様こんにちは。

今日の山梨は大変陽気の良い天気ですが、台風により明日からの週末の天気が崩れるとの予報です。地域によっては、ゲリラ豪雨を避けるために夏から秋に花火大会をわざわざ変更したにもかかわらず、今回の台風によって中止になるかもしれないそうです。

 

レーザーカッターに役立つマスキングテープ

レーザーカッターを既に使用している方で、このような状況になったことはないでしょうか?

  • 素材をセットして、回数を2回以上にパラメーターを設定後、いざ加工を始めたら同じところに照準がいかずズレてしまった。
  • 刻印しようとしたら表面にヤニが付いていた。
色紙がレーザーカッターでズレて切断

(1つ目のケース)

 

そのようなとき、大変役に立つ小道具があります。マスキングテープです。

マスキングテープ

 

1つ目の場合、何らかの原因(風や台が平行でないなど)で素材が動いてしまった可能性があります。

100円ショップでも簡単に手に入るマスキングテープで素材を固定すれば、そう簡単には素材は動きません。

マスキングテープは加工する箇所にかぶらないように貼ると良く、貼る際は剥がすときのことを考えてガチガチに貼りすぎないようお気を付けください。

マスキングテープで固定

 

今度はズレることなくうまくいきました。

色紙をレーザーカッターで切断

なお、普通のセロハンテープやガムテープでも大丈夫ですが、貼りやすさ・剥がしやすさからマスキングテープがベストかと思います。

 

2つ目の場合、マスキングテープを貼っておけばレーザーカッターでの加工の際にヤニの付着を防ぐことができます。

以下の写真は、右半分にマスキングテープを貼り、左半分は何もしないで刻印をしました。

ご覧の通り、違いは歴然です。

刻印のヤニの有無

 

いかがでしたでしょうか。もしも、レーザーカッターを使用するときに素材が動くことで照準がズレてしまったり、素材にヤニが付くようでしたら是非お試しください。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加