レーザー加工機をRaspberryPi2で動かす。

お役立ち情報
基盤系アイキャッチ画像

 

 

ラズパイを使って、レーザー加工専用の超小型パソコンを作りませんか?

 

使っていないデスクトップがあれば手のひらサイズのラズパイを付けてレーザー加工が行えます!

ラズベリーパイ(ラズパイ)とは?

 

 

液晶ディスプレイなどに使われるVESAマウントにRaspberry Pi2を取り付けることができます。

 

そもそもRaspberry Pi2とは、小型のパソコンのこと。通称ラズパイといいます。

 

 

レーザーカッター

 

 

ラズパイを用いればこのようにほとんどディスプレーだけのパソコンになります。

 

 

パソコンで出来ることのほとんどをこの小型の機械で代用することができるのです。

 

もちろん、当社のレーザー加工機のMiniやCO2の操作もこれで出来ます。

 

データを作って、加工機にプラグをつなぐ手間が大幅に省けそうです。

 

 

今回は、ディスプレーの裏にラズパイを貼り付けて更にコンパクトに見せるべく、設置用の装置を作りました。

 

使用機種

世界最大の組み立て型レーザー加工機「Smart Laser CO2」

 

加工データー

加工データーSVG 速度 パワー 繰返し回数 加工時間
ダウンロード F800 100% 4回 5分

仕上がり

VESAマウントにRaspberry Pi2 Model Bを取り付けました

画面上部にある、マークはラズパイのマークです。