40秒で作る『ひのきの表札』at山梨ブドウ畑

作品アイデア
このエントリーをはてなブックマークに追加
ブドウ畑

 

 

miniを用いて、身の回りのものをじっくり加工するのもいいですが
大量生産できるCO2のパワーを少し覗いてみませんか?

 

 

「Smart Laser CO2」でヒノキに刻印してみました。ヒノキにぶどう・名前の刻印です。

 

今回は、ヒノキの木版を用いて名札を作ってみました。
samrtDIYsの本社は山梨にあります。
山梨といえば、ブドウ畑。

 

ブドウ畑に簡単な名札を作って誰の畑かがわかるようにしてほしい。
今回はそんなお願いをブドウ園を営んでいる方々からいただきました。
そのため様々な方に広く使っていただくべく、加工時間を短く、たくさん作ることに重きを置きました。

使用機種

世界最大の組立式CO2レーザー加工機Smart Laser CO2

 

加工データー

加工データーSVG 速度 パワー 繰返し回数 加工時間
ダウンロード F2000 15% 1回 1分

 

レーザーを使っての加工なので、雨にぬれても消えません。
また木材なので、レーザー加工をすると自然な焦げ色がついて味が出ます。
塗料を塗る必要もありません。

 

 

仕上がり

ヒノキに刻印、接写

 

 

2mm程の加工の深さになっています。
この濃さの加工が一度で1分以内にできるパワーがやはりCO2の魅力ですね。

 

 

ヒノキに刻印完成画像

山梨の広いブドウ畑に、木の木目が出た名札がいい感じに馴染んでいます。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加