レーザー×ファッション

作品アイデア
このエントリーをはてなブックマークに追加

 

近年ではファッションショーやイベントでもレーザーカッターを使ったドレスや服、靴を見かけるようになってきました。

また、先日デジタルファブリケーションが進んでいる慶応大SFCにお邪魔した時も、レーザー×ファッションのコラボがかなり多く取り組まれていてびっくりしました。

 

ただ、しっかりした作品を作るのはだいぶ難易度高そう、、、。
と思っていたのですが、やってみたら意外と簡単に、ジーンズへの刻印とドレスへのデザインのカッティングが出来ました!

 

ジーンズへの刻印(ラスター加工)

ジーンズへのレーザー刻印
 

焦がして色を付ける木材への刻印とは違って,ジーンズ生地への刻印は熱を与えて染められた布の色を落とす加工になります。

なので濃い色のジーンズのほうが目立つ模様が描けます。
 
ジーンズへのレーザー刻印2
 
 
 
 

ドレス、シャツへのデザインカッティング

今回は既製品のドレスに加工をしてみます。

 

レーザー加工機 ドレスデザイン

 

レーザー加工機 ドレスデザイン

 

強めの出力で生地を切り抜きます。今回は似たような布きれで一回練習を行っておきました。

 

レーザー加工機 動作中

 

今回使用したポリエステルのような化学繊維の場合、断面が溶かされるので、ハサミで切ったようなほつれは出ません。

 
熱で加工しているレーザーの特徴です
 
レーザー加工機 作品例

 
 
 
 
また、ポリエステルのTシャツに曲線的なデザインのカッティングを施した作品も作ってみました!
 

シャツへのレーザー加工

 
裏地に赤色を入れると印象が変わります。
 

レーザー加工機 ドレス

 

 

 

今回は、既製品の洋服の一部分のみに加工を行ってシンプルに仕上げましたが、型紙から作ることが出来たらもっとデザインの幅が広がる気がします!

 
 

実は服飾デザイナーの方からの要望で誕生した加工エリアを1m×1mに広げる拡張フレーム

こちらを使えばファッション分野でも、誰もがより自由にアイディアを形にすることが出来そうです!
 
ちなみに、レーザー×ファッションの作品を作ってくださるデザイナーさん、絶賛募集中です!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加