レーザー加工機はどのくらい細い加工ができるのか!?検証してみました。

使い方・コツ・製品

皆さんこんにちは。smartDIYsの横田です!

今回もお客様からいただいた疑問をご紹介します。「Etcher Laser は紙をどのくらい細くカットができますか?」とのご質問です。Etcher Laserは写真の刻印などが得意な機種ですが、カットがどの程度こまかく(細く)できるのか、数字でお伝えできればと思いましたので検証してみました。

Etcher Laser 検証

Etcher Laser 3.5Wを使用して、黒い画用紙を細長くカットしていきます。おそらく幅1mmは余裕で加工できると思うので0.8mmから徐々に細くしていきます。

ではまず0.8mm。全然問題ないですね。

では一気に0.7〜0.4mmを加工してみました。まだまだ大丈夫そうです。

では0.3mm。ギリギリ大丈夫そうです。

0.2mmも試してみましたが粉々になってしまいました。

が、上記のテストは単純に横移動のみのカットだったので0.3mmという精度でカットができましたが、斜めや円だと若干精度が悪くなるのではないかと思ったので、円でも検証してみました。

結果はこちら。0.3mmはうまく加工ができていませんね。ということで、Etcher Laserは条件付きで0.3mmの細さが可能、通常は0.4mmまでの細さで加工が可能でした。

注意点

今回は紙で加工したので0.3mmという細さで加工が可能でしたが、もっと厚い素材だと同じ用に0.3mmで加工ができるわけではありません。厚い素材の加工では、その分高いエネルギーを伝えないとカットができないため、切断面が燃え広がったり溶けたりするためです。

Etcher Laser Proの場合

ついでにEtcher Laser Proでも検証してみました。

結果はこちら。こちらも0.3mmまでの細さとなりましたが、0.2mmも惜しいところまでいってますね。Etcher Laser よりも精度は良さそうです。

では最後にEtcher Laser Proの1インチレンズでも加工してみました。理屈で言えばこちらの結果が最良になるはずです。

結果はこちら。0.2mmでも完璧に加工できています!

まとめ

いかがでしたでしょうか。思っていたよりも細い加工ができたのではないでしょうか。Etcher Laser と Etcher Laser Pro ともに安価ではありますが高品質な機種になりますので、レーザー加工機の購入を検討している方はぜひ候補の一つとしていただければ幸いです。

Etcher Laser Proで作った切り絵

黒画用紙の切断加工パラメータ

機種 スピード パワー 回数
Etcher Laser 1000 100% 1回
Etcher Laser Pro 5000 30% 1回