Manual

X軸の組み立て

このエントリーをはてなブックマークに追加

部品リスト

部品名 パーツID 数量
mini v plate_C A-7 1
mini v plate_L A-4 1
mini v plate_R A-6 1
X軸モーターユニット X軸モーターユニットの組み立て参照 1
V-slot 450mm D-8 1
光学ステージ D-3 1
M4×6 六角穴付きボルト C-1 ネジケース番号(5) 1
M5 Tナット C-1 ネジケース番号(1) 6
M5×8 低頭ボルト C-1 ネジケース番号(2) 6
結束バンド C-1 2
M6×8 六角穴付きボルト C-1 ネジケース番号(3) 2
タイミングベルト106㎝ D-2 1

※パーツIDはFABOOL Laser Mini パッキングリストをご確認ください

X軸の組み立て

mini v plate(3種類)の調整・確認

組立前にmini v plate(3種類)の調整・確認を行います。
まずは、下記写真で表示した10箇所のネジが緩んでいないか確認してください。

ネジの緩みがあった場合は、六角レンチとスパナを使用して固定します。

次に、mini v plate(3種類)のホイール間距離の調整を行います。調整は写真の赤丸の各mini v plate1つずつのホイールを使用して調整を行います。

まずは、mini v plate Cの調整から行います。V-slot 450mmをmini v plate_Cのローラーの間に挟み込む形で差し入れます。

以下の動画のように、緩い場合もしくはカタい場合があります。
「ガタつきがあまりなく、且つV-slotを縦にしたときに下にスライドして落ちる状態」が正常に調整した状態となります。

緩い場合の動画
カタい場合の動画

偏心スペーサーの構造と調整

上の写真(2枚前の写真)にて赤丸で示した調整用ホイールには、偏心スペーサーというものが入っています。その偏心スペーサーを回すことにより調整を行います。偏心スペーサーを回すとホイールの位置(つまり各ホイール間の距離)を変えることができます。回したときのスペーサーの動きを動画にご確認ください。

偏心スペーサー

偏心スペーサーをスパナで少しずつ回し、その度にmini v plate上でスライドさせ緩さ/カタさを確認しながら調整します。

がたつきがなく、且つV-slotを縦にしたときに下にmini v plate Cがスライドして落ちる程度まで調整を行います。

mini v plate Cの調整が完了したら、一度V-slot 450mmから引き抜きます。

次に、上記と同様に、mini v plate_Rおよびmini v plate_Lを調整します。調整には上記で使用したV-slot 450mmをそのまま使用します。mini v plate_Rおよびmini v plate_Lの調整が完了したら、450mm V-slotからそれぞれのmini v plateを取り外します。

以上で、mini v plate(3種類)の調整・確認は完了です。

mini v plate_Cを取り付ける

再度、mini v plate_CをV-slot 450mmのローラーの間に挟み込む形で差し入れます。

mini v plate_Rを取り付ける

次に、V-slot 450mmの(写真の)左端に、M5 T nutとM5×8 低頭ボルトを使って、mini v plate_Rを取り付けます。

M5 T nut×2個をV-slot 450mmの(写真の)左端から入れ込みます。

M5 T nutの向きは以下の写真の通りです。

入れ込む深さは以下の写真を参考にしてください。
※この時点で厳密である必要はありません。

M5 T nutを入れた場所に、 M5×8 低頭ボルト(2個)を使ってmini v plate_Rを取り付けます。

mini v plate_Rの取り付け位置は、「V slotの先端がmini v plate_R背面の”溝”(以下の写真)にピッタリとハマる位置」に合わせてください。

mini v plate_Lを取り付ける

V slotの右端(先程と反対側)に、M5 T nutとM5×8 低頭ボルトを使って、mini v plate_Lを取り付けます。

先程と同様、V slotの右端からM5 T nut×2個を入れ込みます。

M5 T nutを入れた場所に、 M5×8 低頭ボルト(2個)を使ってmini v plate Lを取り付けます。

先程と同様、mini v plate_Lの取り付け位置は、「V slotの先端がmini v plate_L背面の”溝”にピッタリとハマる位置」に合わせてください。

X軸モーターユニットを取り付ける

前章で組み立てた「X軸モーターユニット」を、M5 TナットとM5×8 六角穴付きボルトでmini v plate_L側に取り付けます。
「X軸モーターユニット」の取り付け位置は、後工程で調整しますので、仮止めでOKです。

これまでと同様、まずM5 T nut×2個を以下の写真の場所に入れ、M5×8低頭ボルト「X軸モーターユニット」を取り付けます。

後工程のために、「X軸モーターユニット」は以下の写真のように、ステッピングモーターの軸がmini v plate_Lにぶつかるくらいの位置で仮止めします。

タイミングベルトを取り付ける

次に、タイミングベルトを取り付けます。タイミングベルトが取り付けやすいように、以下の写真の通り、「X軸モーターユニット」が左側を向くように置きなおした上で、タイミングベルト106cmと結束バンドを用意します。

タイミングベルトの取り付け方は下記の動画を参考にして取り付けるとスムーズに取り付けられます。六角レンチの一番細いものを使用します。

タイミングベルト固定(1)
タイミングベルト固定(2)

タイミングベルトの端を以下の写真の通り、mini v plate_Cの左側の穴に差し込みます。

タイミングベルトはギザギザの山がある方を上にして差し込んでください。

この時、タイミングベルトの端が約2~3㎝程飛び出る位置まで差し込みます。

タイミングベルトを折り返し、ギザギザの山同士が重なり合うようにした上で、以下の写真の向きで結束バンドを上から巻きつけ、タイミングベルト同士を固定します。

結束バンドのギザギザの山が内側に来るようにしてください。逆になってしまった場合は、結束バンドが機能しません。

以下の写真の通り、結束バンドの拘束部が下になるようにします。
※もし間違えた場合は一度結束バンドを切断し、新しい結束バンドを使用してください。(約10本程度の予備結束バンドが入っていますのでご安心ください。)

タイミングベルトの端が固定されたら、「X軸モーターユニット」側とその反対側のプーリーの外をまわして、mini v plate_Cの右側の穴にもう片方のタイミングベルトの端を差し込みます。
※タイミングベルトがねじれないように注意してください。

先程と同じ要領で、結束バンドを使いタイミングベルトの端を重ね合わせる形で固定します。
※折り返しの長さは約2~3cmを目安とします。この後の工程で調整しますので、あまり厳密になりすぎなくて大丈夫です。

結束バンドの余りの飛び出た部分(2か所)は切り取ってください。

この時点では、以下の写真のように、タイミングベルトが少し緩んでいてOKです。

この時、X軸モーターのタイミングプーリーの位置が、以下の写真のように、V slotのレールの溝と一致していることを確認します。

もし、大きくずれている場合は、以下の写真のようにタイミングプーリーのイモネジ(2か所)を一度緩め、位置を調節してから再度イモネジを締めなおします。

次に、タイミングベルトをしっかりと張るために、一度「X軸モーターユニット」を固定しているねじを緩め、以下の写真の方向に引っ張りながら再度ねじを締めなおします。

その際、モーターとV slotが並行となるようにしてください。

タイミングベルトは張り過ぎもしくは緩んでいる場合は、正常に動作しないことがあります。タイミングベルトの張り具合につきましては、下記の動画をご参照ください。

タイミングベルト張り具合

光学ステージを取り付ける

次に、mini v plate_Cに光学ステージをM6×8 六角穴付きボルトで固定します。

次に、光学ステージ上部にM4×6 六角穴付きボルトをしめてX軸組立完了です。

「Y軸の組み立て」へ »

このエントリーをはてなブックマークに追加