レーザーカッターの有効活用 in カフェ

FABOOL Laser Mini 1.6W

みなさんこんにちは。突然ですが、今回はみなさんに「レーザーカッターをこんなところで活かせるよ!」ということをご提案したいと思います。場所はズバリ「カフェ」です。弊社webサイトのトップページにプロモーション用の動画を掲載していますが、こちらを例にして皆さんにご紹介したいと思います。

カフェのアイテムも自由自在

上記動画の撮影にご協力していただいたカフェ、山梨県甲府市にあります「TREE」というお店です。動画撮影にあたり、カフェで使用するアイテムなどを実際に弊社製品のFABOOL Laser Miniを使用して制作しました。ひとつずつご紹介します!

cafe2

まずこちらのカップキャリア。こちらはクラフト紙を使用しています。レーザーカッターで、持ち手の部分とカップを収める部分、ロゴと外形を切り抜いています。弊社製品の場合、専用のソフトウェアを用いてレーザーカッターを制御していますが、こちらのソフトウェアに切り抜きたい形を読み込んでいただければ、一度にすべての部分を切り抜くことができます。

cafe3

次にこちらのカップスリーブ。ダンボール紙を使用しています。こちらもロゴと外形を切り抜いていますが、文字などは刻印をしています。弊社製品は、切断と刻印を同時に行うことができるので、こういったアイテムも一度につくることができます。

cafe4

次はこちらのコースター。こちらはコルクシートを切断しつつ刻印をしています。焦げた模様がいい味を出しています。

cafe5

次にこちらのポップ。このような細かいデザインもレーザーカッターさえあれば、すぐに作ることが出来ます。手作業で行う必要はありません!

cafe6

最後にこちらのエプロン。レーザーカッターは紙以外にも様々な物を切断・刻印することが出来ます。既成品のエプロンにカフェのロゴを刻印すれば、あっという間にカフェオリジナルアイテムの完成です。

いくつかアイテムをご紹介しましたが、どれも手作業で作るには面倒ですし、外注にお願いすれば費用が高くなってしまいます。弊社製品を使用すれば、初期費用はかかってしまいますが自由自在にアイテムを作ることが可能です。ぜひ皆さん、挑戦してみてはいかがでしょうか。

最後に…。

cafe7

レーザーカッターは食品にも使用できます。料理やお菓子の最後の仕上げに使用してみてください。