レーザーカッターでどんなことしているの?クラフト作家に聞いてみた

FABOOL Laser Mini 3.5W

smartDIYsでは、実際にレーザーカッターを愛用しているユーザーさんにお話を聞きどういった使い方をしているのかご紹介するインタビュー企画を始めました。初となる今回はsmartDIYsが本社を構える山梨県内にお住いのクラフト作家、小田切まいこさんにレーザーカッターの活用方法や実際の作品などお話を聞いてみました。

価格がお手頃だったので思い切って挑戦

otagiri

ー まず、レーザーカッターを使い始めたきっかけを教えてください。

数年前からハンドメイドで蝶ネクタイやカフスボタンを作って販売してきましたが商品ラインナップを増やすために何か別のアイテムを作りたいと考えていました。ちょうどそのころ地元の山梨県内でクラウドファンディング国内史上最高額を記録したレーザーカッターを作った会社があるということを知り、smartDIYsさんの本社にあるDIYs SQUAREにお邪魔してFABOOLシリーズを使わせていただきました。仕上がりを見て想像していたようなことができそうだったのと価格がお手頃だったということもあり思い切って挑戦してみました。

ー なるほどクラウドファンディングのことをご存じだったんですね!ありがとうございます!やはり価格はポイントでしたか?

そうですね。私たち主婦にとっては考えさせられる金額ですが、以前からレーザーカッターがどんなもので幾らくらいするものなのかを知っていたので感覚的にはこんなに安いの?という気持ちでした。

ー smartDIYsは「個人でも手の届く価格で提供する」という部分を重視していますのでそう言っていただけると嬉しいです。

苦戦した組立・データ制作

otagiri

ー 組み立てについてはいかがでしたか?

正直少々苦労しました。(笑) 主人にも手伝ってもらいましたが、とにかくこの手の組立モノは苦手なので・・・。でも完成したときにはちょっとした達成感がありましたね。

ー 実際に使い始めてどうでしたか?

まず手こずったのはデータですね(笑)。最初はラスターとベクターの意味が分かりませんでした。たまたま主人が仕事で画像加工をすることがあるので一通り説明してもらってようやく意味がわかりました。そこで初めて切断をするためにはベクターデータが必要だということを知ったんです。FABOOL Desktopには単純図形等が最初から入っていますが、使い始めたころはまだFABOOL softwareだったため円や四角、三角など簡単な図形を作るのも一苦労でした。

ー データ作成にはどんなソフトを使われていますか?

主にはインクスケープですね。使い方を勉強しました。せっかくレーザーカッターを手に入れたんだし使いこなさなきゃもったいないということでせっせと頑張りました。

ー おぉ~素晴らしい!FABOOLシリーズのためにありがとうございます!ちなみに重さや大きさ、設置についてはいかがですか?

大きさはMiniとはいえ一般家庭に置くとそれなりに大きく感じますね。でも以前smartDIYsさんの本社へ行ったときに拝見させていただいたCO2タイプに比べれば全然小さいですが。重さについては特に困ったようなことはありません。

設置に関しては当たり前ですが煙と臭いには対策が必要ですね。私の場合は換気扇や小さな卓上扇風機などで対策していますがもっとコンパクトでスマートな方法が欲しいですね!

ー 以前販売していたDust collectorのようなものですか?

あの製品も気にはなっていたのですが私の場合、一か所に固定的に置いておくという使い方ではなく使うときだけ設置する感じなのでDust collectorみたいなものではなく小さく手軽に設置ができて加工後の片付けも簡単!みたいなものが欲しいですね。

ー なるほどこちらも社内に持ち帰って開発チームに話をしてみますね!貴重なご意見ありがとうございます!

手作業では難しい部分を機械がすべて片付けてくれる

otagiri

ー 今はどんなアイテムを作られているんですか?

色々と試しています。近いうちに販売できそうなのはこちらのブローチですね。花びらの部分に使われている生地はレーザーで切り抜いたものです。やっぱりハサミやカッターではこういう曲線を出すのが難しいですね。レーザーカット後は特殊な処理をしてパーツとして使用しています。商品に使うパーツ以外にもイベントなんかで使うちょっとした小物なんかも作ったりしています。

ー 使われていて精度や性能についてはどう感じていますか?

私の組み立て方が正確かどうかわかりませんが今作っているアイテムに関しては全く問題は感じていません。これから先、精度が必要になるアイテムに挑戦することもあるかと思いますが、その時は一回調整してみるつもりです。ちゃんと調整できるかわかりませんけど・・・・。

でも苦労しながらも一度組み立ててある程度の仕組みは理解できているので怖くてできないということはないですね。そういった部分ではやはり自分の手で作ってみるというのはとても大切だと思います。

調整したときは組みあがったものをsmartDIYsさんにチェックとかしてもらいたいですね。

ー なるほど組立チェックサービスですか。組立済みで納品するオプションは既に販売していますがそこは初めてのご意見です。社内に持ち帰って検討させていただきます。

otagiri

ー FABOOLシリーズの気に入っている部分はどこですか?

やはり先程もお話しした通り、カッターやハサミでは実現できない、もしくは実現できても時間がかかるような作業を20~30分くらいで機械がすべて片付けてくれる点ですね。本当に重宝しています。

あとは片付けが簡単にできて立てて置いておけるというところですね。私たちのように自宅で作業する人にとっては収納というのは大きいポイントだと思います。

ー 今後レーザーカッターを駆使して作ってみたいものはありますか?

やってみたいのは木材の切断と切断したものを積層したアイテムです。これはレーザーカッターにしかできないものだと思いますし、木材をうまく使えれば今までとは違った質感や木の温かさみたいなものが伝えられるのではないかと考えています。実は試作は何個か作ってみたんですよ。

ー もう既に取り組んでいるんですね。

でもまだまだ試作の段階ですので諸々の細かい部分で試行錯誤が必要ですし、もう少し積層の仕方や塗装なんかで工夫できたらと思っています。

ー ぜひ製品化したら見せてください。弊社のHPでも作品例として掲載させてほしいです。

otagiri

ー FABOOLシリーズに関して何か要望はありますか?

ソフトウエアについて何点かあります。一つ目はデータ作成ですね。できたらインクスケープ等の外部ソフトを使わずに簡単なデータ修正や単純な線、図形の作成ができるとありがたいですね。今は刻印してデータの不備に気が付いてインクスケープに戻って修正してみたいなソフト間の行き来が多いので。あとはパラメーターの一括操作機能ですね。これについてはインポートデータで対応してもいいんですがあると助かる機能の一つです。ぜひ検討お願いします!

ー なるほど!FABOOL Desktopは今ver.1.3.3ですが今後もまだまだアップデートをしていきますのでぜひご期待ください!

ー 私たちも小田切さんの今後の活動に注目していきたいと思っています。FABOOLシリーズを活用したアイディアの数々を楽しみにしております!今日はお忙しい中お時間をいただきありがとうございました!

corbata pajarita

corbata pajarita
蝶ネクタイ、カフス、タイピン、リボンバレッタなどのハンドメイド商品を販売
https://pajarita.thebase.in/
Instagram

ご使用製品