レーザー加工機(カッター)での加工の種類

使い方・コツ・製品
このエントリーをはてなブックマークに追加

加工の種類

レーザー加工機(カッター)ができる加工には、切断と刻印の2種類があります。

  • 切断
    レーザー加工機(カッター)で切断を行うには、ベクター加工という方法を用います。ベクター加工とは、外形に沿って切断していく方法になります。

    切断
  • 刻印
    レーザー加工機(カッター)で刻印を行うには、ラスター加工という方法を用います。ラスター加工とは、塗りつぶすように水平走査しながら、加工する方法になります。

    刻印

ベクター加工

ベクター加工では、AIファイルやSVGファイルなどのベクターファイルを読み込み、ベクターファイル内の命令に従って加工を実行していきます。

ラスター加工

ラスター加工では、入力された画像データを二値化(画像を閾値によって黒と白にする)し、黒の位置ではレーザーを出力し、白の部分ではレーザーを出力しないことによって、入力画像を表現します。

以下の動画のように、レーザー出力ヘッドを左右に振り、1行1行出力していきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加