Kicadで部品登録 フットプリント編

お役立ち情報
このエントリーをはてなブックマークに追加

Kicadで部品登録 フットプリント編

今回は、Kicadでフットプリントの登録方法を解説いたします。回路記号の登録方法に関しましては以下を確認してください。

フットプリントを作成するには、モジュールエディタを使用します。モージュールエディタは、基板CAD PcbNewから起動できます。以下の赤丸で囲んだアイコンをクリックしてください。
基板CAD PcbNew

フットプリント作成手順

  • まずは、新規モジュールの作成を行います。以下の赤丸で囲んだアイコンをクリックしてください。
    新規モジュールの作成
  • モジュール名を設定してください。
    モジュール名設定
  • 文字列が重なっていますので移動してください。
    移動前
    移動前

    移動後
    移動後
  • フットプリントの原点を設定します。以下の赤丸で囲んだアイコンをクリックし、原点にしたい場所をクリックしてください。
    原点設定
  • 次にパッドを配置します。以下の赤丸で囲んだアイコンをクリックし、パッドを配置したい場所をクリックしてください。
    パッド配置
  • 次に、パッドを配置した箇所を右クリックし、パッドの編集を選択してください。
    パッド編集
  • パッドプロパティが表示されますので、バッド番号、ネット名、パッド形状などを設定してください。
    パッドプロパティ
  • 今回は、パッドを4個配置しました。
    10
  • 最後に外形ラインを引いて終わりになります。外形ラインの選択は、以下の赤丸で囲んだアイコンをクリックしてください。
    外形ライン
  • 外形ライン設定後
    外形ライン設定後

以上が、フットプリントの作成方法になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加