BLE搭載 超小型 Arduinoボード Blend Micro 設定編

お役立ち情報
このエントリーをはてなブックマークに追加

Blend Microとは

Blend Microは、Bluetooth 4.0 Low Energyを搭載した超小型Arduinoボードになります。BLE経由でスマホ・タブレット・パソコンからBlend Microを操作することができます。大きさは、43.6mm X 18.4mm X 4.3mmになっております。

Blend Microの開発環境は、Arduino IDEを使用するため、Arduinoの開発経験がある人ならば、容易にBlend Microでの開発を行うことができます。

インストール

Blend Microのインストールは、通常のArduinoのでのインストールとは別に、以下のインストールを行う必要があります。

Arduino IDEの設定

RedBearLab Blend Add-Onをダウンロードし解凍します。次にArduino IDEがインストールされているフォルダに移動します。
hardwareフォルダに移動し、ダウンロードした「Arduino\hardware\blend」フォルダをコピーします。
「hardware\arduino\cores\arduino\main.cp」ファイルをエディタで開き、setup()関数の前に以下を追加します。

if defined(BLEND_MICRO_8MHZ)
    // As the F_CPU = 8000000UL, the USB core make the PLLCSR = 0x02
    // But the external xtal is 16000000Hz, so correct it here.
    PLLCSR |= 0x10;  // Need 16 MHz xtal
    while (!(PLLCSR & (1<<PLOCK))); data-preserve-html-node="true" data-preserve-html-node="true"  // wait for lock pll
# elif defined(BLEND_MICRO_16MHZ)
    // The CPU clock in bootloader is 8MHz, change to 16MHz for sketches to run (i.e. overclock running at 3.3v).
    CLKPR = 0x80;
    CLKPR = 0;   
# endif

Arduino IDEを起動し、以下のように「Blend Micro 3.3V/8MHz」、「Blend Micro 3.3V/16MHz(overclock)」が追加されていることを確認します。

Blend Micro

ドライバインストール

Windows用ドライバーをダウンロードし解凍します。解凍したフォルダのインストーラーを実行し、ドライバをインストールします。

windriver.1

windriver.2

windriver.3

ライブラリインストール

以下の2種類のライブラリをダウンロードし、解凍します。

Arduino IDEを起動し、「スケッチ」→「ライブラリを使用」→「Add Library」をクリックします。

8
  • 「ble-sdk-arduino-0.9.0.beta\libraries\BLE」を選択します。
  • 「nRF8001-20140509\Arduino\libraries\RBL_nRF8001」を選択します。

まとめ

Blend Microは、BLEを搭載した超小型のArduinoボードになります。スマートフォンなどと連携すれば、アイデア次第で様々なことができると思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加