Manual

取り込みデータに関する注意点、その他お知らせ

このエントリーをはてなブックマークに追加

取り込みデータに関する注意点

<SVG、DXF>

※図形の塗りつぶし(フィル)はそのままでは認識されません。前章の「図形の塗りつぶし」をご参照ください。
※文字は必ず「パス化」してください。パス化されていない文字は読み込めません。
※SVGデータのみ、パスを色ごとに認識し別々の加工パラメーターを設定することが可能です。DXFでは色ごとに別々の加工パラメーターを設定することは出来ません。
※旧ソフト(Smart Laserソフトウェア)では可能だった「画像を埋め込んだSVGファイル」は、FABOOL Softwareでは正しく読み込めませんのでご注意ください。⇒FABOOL Softwareでは、画像は直接読み込むことが可能になりました。

<各種画像(JPEG、BMP、PNG、TIF、GIF>

画像の横幅に上限設定があります。横幅が1,023ピクセルを超える画像を読み込んだ場合、画像の縦横比を保ったまま、横幅が1,023ピクセルになるように自動的に縮小され読み込まれます

※取り込める加工データの上限は5MBとなっております。

その他お知らせ

追加機能の開発予定

・プロジェクトファイルのユーザー間での共有
・FABOOL Software上でのテキスト(文字)追加
・塗りつぶし(フィル)の認識
・外部サービス(Google driveなど)からのデータ読み込み などなど

協力エンジニア募集

FABOOL Softwareを一緒に進化させていただける協力エンジニアを募集しています!正社員、フリーランスともにOKです。詳しくは会社案内ページの「採用情報」をご確認の上、お問い合わせページよりご連絡ください!
http://www.smartdiys.com/about/

このエントリーをはてなブックマークに追加