ブログ

誰もがより自由に「アイディアをカタチに」出来る世界を目指すsmartDIYsのブログ。
レーザー加工機を中心としたDIYに関する情報を発信していきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

小型リフロー装置T-962を使ってみた

小型リフロー装置T-962を使ってみた

今回は、小型リフロー装置T-962を使用して基板を作成したいと思います。作成する基板は、「Kicadでステンシル作成」でも使用したPCBに部品を乗せていきたいと思います。

「Kicadでステンシル作成」では、ステンシルを作成し、ハンダペーストをPCBに塗るところまでは終わりました。
ハンダペースト

まずは、パーツを手で載せていきます。ある程度パーツが曲がっていても、リフローすれば、自然に中心になります。
パーツ

今回使用するリフローは、小型リフロー装置T-962です。180×235mmまでの、基板を入れることができます。リフローの温度制御も何パターンか登録されていますので、状況に応じて選択することができます。
小型リフロー装置T-962

電源投入
DSCF7372

温度制御パターン選択
8パターンの温度制御パターンが登録されています。
DSCF7373

リフロー中
内部に温度計が搭載されており、ヒーターON/OFFとファンON/OFFを繰り返して温度を制御します。
DSCF7384
DSCF7388

出来上がり
DSCF7392

このエントリーをはてなブックマークに追加