ブログ

誰もがより自由に「アイディアをカタチに」出来る世界を目指すsmartDIYsのブログ。
レーザー加工機を中心としたDIYに関する情報を発信していきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Seeed Studio訪問 事務所編

Seeed Studio訪問 事務所編

本日は、中国の深セン市にあるSeeed Studioに訪問いたしました。
Seeed Studioは、2008年に中国深セン市で設立されたハードウェア企業になります。ArduinoのコンパチボードのseeeduinoやGroveなどの各種センサーなどを製造・販売しております。また、Seeed Studioで開発された製品は、Open Source Hardwareとして公開されております。
基板などの製造・販売だけではなく、PCBの製造サービスやアクリルのレーザー加工サービスなども行っております。

受付

中国の企業とは思えないような、センスの良い受付となっております。Seeed Studioのイメージカラーの緑と白の配色となっております。
Seeed Studio受付

受付の壁は基板を白く塗って張り付けてあります。
Seeed Studio
Seeed Studio

受付の横にはSeeed Studioの製品が展示されております。
展示

営業部門事務所

受付から中に入ると、営業部門の事務所になります。約30名程度の人が働いております。
営業部門

事務所の壁には、Seeed Studioの歴史がわかる写真は貼られております。
写真
写真

廊下

事務所から倉庫に行く途中の廊下の壁には、Seeed Studioの社員が様々な絵を描いております。
絵1
絵2
絵3
絵4

また、PCBで作ったカニもありました。
PCBのカニ

倉庫

倉庫には、Seeed Studioで販売している製品が並べられておりました。中国とは思えないくらい整理整頓されておりました。
倉庫

設計部門事務所

こちらが設計部門の事務所になります。まだ移動して間もないためあまり物が置いてありませんでした。
設計部門事務所

休憩所

休憩所には、卓球台やサッカーボードゲームなどが置いてありました。社員はよく使うそうです。
休憩所

まとめ

今回は、Seeed Studioの事務所を紹介させていただきました。次回はSeeed Studioの製造部門を紹介する予定です。

このエントリーをはてなブックマークに追加