ブログ

誰もがより自由に「アイディアをカタチに」出来る世界を目指すsmartDIYsのブログ。
レーザー加工機を中心としたDIYに関する情報を発信していきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

基板設計ソフトウェアKicad 紹介編

Kicadとは

今回は、オープンソースの基板設計ソフトウェアKicadをご紹介したいと思います。

Kicadは、フランス人のJean-Pierre Charrasさんによって開発が開始されました。回路図CAD、基板CAD、ガーバビュアーなどで構成てさています。
基板サイズに制限はなく、作成可能な最大層数は、導体層16、テクニカル層12となっております。
また、基板作成時に必要なガーバファイル、ドリルファイル、部品位置ファイル、BOMファイルなど様々なファイルを生成することができます。
Kicadは完全無料のオープンソースなため、上記の機能を無制限で使用することができます。
Windows、Linux、Mac上で動作し、日本語化することもできます。日本語化ファイルが以下のサイトで配布されています。

日本語化ファイル | kicad.jp

Kicadの構成

Kicadは、以下のソフトウェアで構成されています。

  • プロジェクトマネージャー Kicad
    1
  • 回路図CAD Eeschema
    2
  • 回路図と基板フットプリントの関連付け CvPCB
    3
  • 基板CAD PcbNew
    4
  • ガーバビュアー Gerbview
    5
  • 画像からロゴ作成 Bitmap2Component
    6
  • 基板関連計算 PcbCalculator
    7

参考サイト

このエントリーをはてなブックマークに追加